蛍は落ちたりする

自作したトリプルバトルの構築を設置しておこう

雨滅びと怒りの湖をはしごした話

概要

R6年2月某日に横浜で開催された雨滅びオフとその翌日に滋賀で開催された怒りの湖オフに参加してきました.月並みな言葉で言うと楽しかったです.

 

f:id:fales-kily:20240109163529j:image

オフまでの話(構築に関連する話以外)

エントリーの話

~略,雨滅びオフ2次募集にダメ元でエントリーしたら通った.なんで?

多分通らないと思っていたので怒りの湖オフに参加するために13日(火)に有休申請していたんだけど...

移動手段の話

会場は駅の近くらしい...調べるか

うん論外

バスは自分のタイミングでトイレに行けないのが嫌いなので自車で行くことを決定

??????????????????????????

慣れてないのに車中泊する気なの???身体大事にしようよ???

覚悟が決まってしまったので,冗談で部員(道連れ)を募集した図

その結果,部員が増えた.

なんで????体調を気遣った方が良いよ⁈

ルートはこれ

1日目:山~雨滅びが300キロぐらいで5時間

2日目:雨滅び~怒りの湖が450キロぐらいで5時間半

3日目:怒りの湖~山が250キロぐらいで3時間半

今見るとバカかとしか思えない行程表だな?

このうち2日目しか事前にルート見なかったけど,まぁ何とかなるやろの精神でいた.

 

2次会に参加をするか悩む話

どうやら大会終了後に夕食を食べる2次会を開催するらしい.

多分会場は電車で移動とかになるだろうし,移動の時間考えたら途中抜けになるから流石に無理だね.

参加してもいいらしい...すごく嬉しいけど大丈夫なんですか?

主催の有り難い回答を頂き参加を希望した.

 

雨滅びへ向かう話

09:10 雨滅びへのルートをナビに入れ絶句していた.長野県との県境を抜けて長野自動車道から中央自動車道で向かうルートが表示されていた.名古屋まで降りて東名辺りを抜けるつもりでいたのに,吹雪の山の中を突っ切っていけと言われてしまった.

この段階でこの日の目標が暗くなる前に高速道路に乗ることに決定していた.

 

14:30 土産物屋に行くために市内へ出て栗きんとん(地域特有のもの)を購入した.

14:50 眠らないようニコ生を始める(来ていただいた方ありがとうございました。)外の景色や吹雪の話をしたり,道の駅寄ったりして地域特有のものを買ったりするのが旅行だよね見たいな話していた.

16:15 暗くなる前に長野自動車道に入り一安心

17:00 諏訪湖SA着 小休憩しつつ名物のあんぱんと馬の串焼き(馬の産地だから名物だと思って注文したら外国産だった)を購入.大体このあたりで日が暮れる.

車で行くことになった話などをしながら進むこと2時間半

19:20 談合坂SA着 ほうとうを食べて夕食をとりつつ1時間ほど休憩

敷地面積の広さに驚く僕

20:45 休憩を終え再出発 出発時は厚木PAまで行ってそこで寝るつもりだった.厚木についてからルート上に海老名SAがあることを発見しそこまで頑張ることを決定.

21:30 海老名SAに到着 明日以降に体力を温存するために直ぐに就寝

04:10 海老名SAで起床 夜間のTLを追って何故か起きている人達を見つけて困惑

05:20 海老名SAで朝ごはん 

05:45 海老名SA出発

06:30 会場周辺のに到着したが建物が全部同じに見えるので迷う

    (TL曰く早すぎるとのこと)

07:15 駐車場を確保し,会場の場所を確認

07:40 ポケジェニックを見に行く事に

08:10 聖剣士看板に到着し撮影 不審者だと思われて通報されたくないので早々に退散

09:05 会場に着 既に赤今ワンダーさんが居た.早いと思った

雨滅びの話

開場まで時間があったため,時間をつぶしていたらランクルスの人達やざわさんがやってきたので挨拶等をしていた.

開場の時間になり例の怖すぎる張り紙を見て引きつつ会場に入った.

開場では64の実機のポケモンスタジアムが映されていた事に若干の疑問を持ったりした

グループ分けテストは回答用紙があることに気づくのが遅れたこと以外は,可もなく不可もなくといったところだった.

 

使った並び

使い慣れてないパーティは回せないので,手元にある構築から雪山からやって来たこともあり霰パーティを選択.

雨滅びを冠することから滅び耐性を上げるため,普段の並びのルージュラギルガルドに変更.トリルを失うことになるが,別に無くても良いと判断した.

戦績:2勝3敗 予選落ち

ギルガルドにしてよかったと思える所と,ルージュラだったらなぁと思える所は半々くらいだったのでまぁ良し.

対戦の模様は1試合はざわさんの鑑賞会にあります.

残りの試合についてはいつか抜粋して動画作ります.

 

その他の話

昼休憩に会場隣のかつ丼屋で食べた後,会場に戻ったら聖剣士のオープニングが流れていたので見たり,ざわさんのサイン会が開かれたり,対戦後にカードゲームしたりしていた.

 

夕ご飯の話

2次会の夕食会にも参加した.中華料理はおいしかった.食べながら周りの方々はオンライン対戦終了までのビジョンを話されていたり対戦をしていた.僕自身はこの後の行程とかを考えていた.移動時間があるので途中退席した.

 

雨滅びから怒りの湖に行く話

21:30 夕食会を早期途中退出し出発

22:00 海老名SAで休憩 SAに物珍しさを感じているアインズ氏にそういうものなのかと思っていた

22:30 海老名SAから出発しつつニコ生を開始

23:45 電波が悪かったため枠を閉じ,アインズ氏のツイキャスに変更

    オーレ地方の話やボイスロイドの話etcで盛り上がった.僕としては眠らなくて助かるがリスナーは寝た方が良いと思う

01:25 岡崎SAに到着 事前の行程目安としていた「日付変更前に浜松SAに到着」が間に合わなかったため,休憩時間を後ろ倒しにして岡崎まで走ることにして,岡崎で仮眠した.

04:00 起床し枠を取り出発 横のアインズ氏は寝てないらしく体力あるなぁと思っていた. 何故か早朝4時なのに開始直後からリスナーが居たし,リスナー同士でトリプルフリーのマッチング報告があった.

リスナーは絶対寝た方が良いと思う

05:50 いかりのみずうみ最寄りの大津SA着 SAの施設内で仮眠

08:20 起床及び朝食 TLの人たちのハンドルネームの由来とかを聞いたり,僕のアカウントが大抵誰かに作られたものを使ってるせいでニコニコのアカウントくらいしかパスワードが分からない話をした

09:20 会場着 設営の手伝い等をした

 

いかりのみずうみの話

開始までポケカのキューブドラフトを行った.鋼箪を組んだけど,ブレイブキャリバーのザシアンを拾いそこなった.後で聞いたら三神ザシアンのザシアンを指すカードだったらしい.(僕はポケカ詳しくないがドラフト等のリミテッドは好きなので参加した)

 

使った並び

使い慣れてないパーティは回せないので,手元にある構築から雪山からやって来たこともあり霰パーティを2日連続で選択するわけにはいかないので,回しなれた誓いパを選択.

戦績:1勝4敗 予選落ち

間違いなく絶対寝た方が良い

後でBV見たらビックリするくらいわけわからない行動をしていた

 

その他の話

本戦の放送ではコメントを打ったりしていた,本戦の放送中に船漕いでいたのでそれなりに危機感があった.紙をしばいたり雑談してその後はすごした.

いかりのみずうみから帰る話

19:30 会場から帰り始めようとする(携帯を会場に忘れた) 

20:15 ざわさんの放送が終わったので枠を取る(来てくれてありがとうございます)

22:30 限界が来たのでひるがの高原SAで休憩する

05:00 帰宅し睡眠

 

参加者の中で最も遅い帰宅時間だと思う.

オフレポも最も遅いと思う(投稿したつもりになっていたので))

月並ですが運営と参加者の皆様ありがとうございました.大変楽しい時間を過ごさせてもらいました.

 

オフ会には今後も参加出来たらいいなぁと思っています.

 

 

マンタインサーフでビーチポイントを美女と交換した


します!

ビーチには美女が必要だからな...うん


並び


やりたかったこと

マンタインサーフでBPを稼ぎたかった

何で組んだのか

前回のパーティでマンタインがそれなりに使いやすいことが判明したので,マンタインを使うパーティを作ろうとした.

1)マンタインを使うならマンタインサーフでしょ

2)マンタインはサーファーとしての特徴は浮いていてワイガ役と追い風要員を兼ねる

 ことができる

3)マンタインの弱点は電気タイプであるが,環境の電気タイプは基本的にサンダー

 ゲーチスに居るシビルドンであることが前回のパーティで分かっている

4)サンダーまたはシビルドンしかいない関係上基本的にはマンタインに強烈な打点は

 飛んでこないと思っているけどそろそろサンダーの厳選を終わった人も出てきてそう

5)浮いている事を利用(タイプ一致地震)しつつマンタインへの打点を減らせてサン

 ダーに一致弱点を付けるポケモンなんているわけ...いました!ドサイドンです

6)マンタインサーフがやりたいのにマンタインサーフで確殺されるポケモンを並べる

 ことになってしまったので,水耐性を付けれる特性を一手で渡せるポケモンなんてい

 るわけ...いました!ルージュラです

7)ここまでの3匹で何故かS操作が2枠に猫枠とワイガ枠が揃ってしまったので,多少

 パーティの地力に貢献するポケモンを採用しよう...ニンフとアローでいいな多分

8)ここで威嚇枠とメガシンカ枠がいない事に気付いたため,何故かルージュラが避雷

 針になっているのでC+1冷凍ビームを期待してメガシンカ枠と威嚇枠を兼ねることが

 出来るポケモンの中からライボルトを採用して構築完成

 

個別

マンタイン

マンタイン:貯水/鋭いくちばし/臆病CS

技    :なみのり/エアスラッシュ/追い風/ワイドガード

今回の構築の始まりとなったアローラのライドポケモンじゃない乗り物ポケモン

臆病マンタインの波乗りはD振りドサイドンに対して範囲補正込みで87.5%の乱数1発

にするためドサイドンの持ち物がチョッキになった原因

実戦ではワンパンされないポケモンとして扱うことが出来る.バナナではある


特殊相手には3耐えをしてくれるため低い火力ではあるが堅実に削る役や居座りワイドガードを決めることが出来る.

特にクレセリア相手居座ってニンフィア辺りの準備を整えるようにする動きが強かった

ハイドロポンプなら神秘の雫が良かったが波乗りなら嘴で正解だと思う.

 

ドサイドン

ドサイドン:避雷針/とつげきチョッキ/意地ADs

技    :地震/岩雪崩/ドリルライナー/アームハンマー

マンタインサーフがやりたくて組んだはずなのにとつげきチョッキを持ってやっとマンタインサーフが確定2発になるポケモン

BPを美女に交換すると決めたのはコイツ.

肌がカサカサになることによって相手のルンパッパ以外の水タイプを全力で放置することで詰めることが出来る.日光でダメージを受けることになるが,素のタイプの関係上晴らしてくるのはソーラービーム以外にはめっぽう強いので問題ない.むしろ後述のルージュラ熱中症にならなくなるメリットが大きいい.

ドサイドンとしては割と早めにしてあるので1手目に相手の想定を崩せると嬉しい.

アームハンマーは対中速トリパ相手に下を取っていくために採用している.

一番強い行動は地震連打だった.使った感想はライボルトよりはマシ

 

ルージュラ

ルージュラ:乾燥肌/きあいのタスキ/臆病SC

技    :冷凍ビーム/スキルスワップ/猫だまし/トリックルーム

BP交換でやってきた美女.ビーチには美女がいるらしいから間違ってないと思う.

猫だましとS操作枠を兼ねる器用度が光る.自分の肌荒れをドサイドンに押し付けることで何故か電撃の耐性を得ることになる.

相手方にはトリルドサイドンに見えるようで対トリル枠のモロバレルをC種族値155の一致冷凍ビームで馬鹿にならない火力を出すことが出来る.

物理耐久がペラペラ過ぎて気づきにくいが特殊耐久は並み程度はあるため特殊相手なら何とか受けだしを行うことが出来る.

ドサイドンが優先して狙われた場合の希望的サブプランとして避雷針放電ル―ジュラで戦うことになる.
物理耐久さえ何とかできるのであればポテンシャルは高いポケモンであった.

ファイアロー

ファイアロー:ハヤテのつばさ/防塵ゴーグル/意地AD

技     :フレアドライブ/ブレイブバード/よこどり/追い風

昭和の時代より伝わる鳥は見たら焼けを体現するポケモン

Sを振っていないのでアローミラーで撃ち落とされるし,横取り合戦には勝てない前提で動かす必要がある.

防塵ゴーグルはかなり良いと感じた,ハヤテブレバは優先度1のオールレンジ攻撃になる関係上どうやっても怒りの粉やこの指泊まれに反応してしまうが,怒りの粉に抵抗して確実に一撃を入れることが出来る

 

ニンフィア

ニンフィアフェアリースキン/命の球/控えめHCベース

技    :ムーンフォース/瞑想/ハイパーボイス/見切り

トリプルバトルの覇者の1匹.

所謂瞑想ニンフィアである.ニンフィアであるので強い

このパーティでは掃除役として活躍した.他のポケモンで時間稼ぎしつつ瞑想を積めさえすれば負けない.

 

ライボルト

ライボルトライボルトナイト/避雷針/臆病CS

技    :ボルトチェンジ/ほうでん/まもる/オーバーヒート

威嚇とメガシンカ枠が無かったせいで候補に上がった且つ避雷針が居たため採用されることになったポケモン

威嚇ボルトチェンジをするために先発スタートをすると避雷針が横にいるせいでボルトチェンジが無効化されてしまうため悲しみを背負うことになった.

サブプランの避雷針ルージュラのためには必要なのだがいかんせんペラペラのためサブプランの前に落ちていることもしばしば.

感想としてはドサイドンより使いづらい.やはりランドロスに弱い所が厳しい.

 

雑感

ドサイドンと両翼に浮いている2匹を合わせられると色々はかどる構成だった.

ドサイドンについては火力アップアイテムがやっぱりほしいと感じることが多い.

一手使っても火力が上がらない動きはふわっとしてて脅威度が上がらないので微妙な感じがする事を再認識した.

もっと華のあるポケモンか行動を求める必要がある

 

 

威力120と180の夢

キリキザンの ダメ押し !

こうなりたかった

 

並び

やりたかったこと

親子愛ダメ押しで悪技威力120を出して実質暗黒強打って言いたかったしあわよくば180を出したかった

 

構築の経緯

分からなかったので聞いてみた結果

つまり悪タイプをメガシンカにする又はメガシンカを悪タイプにしたらいいらしい

 

ようは悪タイプでメガシンカであればいいらしい(つまりメガアブソル

悪タイプの強いポケモンメガシンカの特性を付与すればいいんだ

じゃあ親子愛に目覚めてもらおう

なりきりキリキザンを使おう

 

ふいうちは楽しいけど火力が面白くないね もっと火力が欲しい…ダメ押しはダメージが入っていると威力が倍になるらしいし親子愛に対応しているらしいつまり威力120じゃん,あわよくば180狙えるじゃん

 

個別

キリキザン

キリキザン:負けん気/きあいのタスキ/意地HA

技    :ふいうち/ダメ押し/なりきり/アイアンヘッド

ガルーラに成りきることによって図鑑説明通り子分のコマタナを呼び出した気分になるキリキザン

最大打点のダメ押しはタイプ一致補正込みで270が出るけど過剰火力

なりきりはなんか相手の不意打ちを透かしたり思わぬ勝ち筋(防音になったり貯水になったり)を発生させていた.子連れ狼は遠い

 

ガルーラ

ガルーラ:肝っ玉/対応メガストーン/意地HA

技   :ふいうち/猫だまし/捨て身タックル/ドレインパンチ

この構築のギミックの必須パーツ兼解散要員.メガガルーラを普通に使えるギミックはメガガルーラになってしまい回しててガルーラじゃんとなる知見を得たため解散となった.

当たり前のように強い,ドレインパンチは威嚇とフレンドガード癒しの波動も合わさって居座り力を上げてくれる代わりにグロウパンチ程の突破力は無くなる感じだった.個人的にはドレインパンチの方が好み

 

ブルンゲル

ブルンゲル:ちょすい/こだわりスカーフ/臆病CS

技    :しおふき/冷凍ビーム/シャドーボール/マジカルシャイン→トリック

実際に採用してるのはメス.こだわりスカーフブルンゲルは中央に置くとバレやすいが右端や左端に設置しつつ猫要員や指要員を一緒に出すとまず読まれないことが分かった.定期的にスカーフじゃない個体も使った方がより効果的だと思う.最速エルフーンと同速のため運が良ければ叩かれない.

 

ピッピ

ピッピ:フレンドガード/進化の輝石/図太いHB

技  :このゆびとまれ/癒しの波動/ムーンフォース/守る→アンコール

外付け耐久装置その1.ゆびを振って身代わりになるよりアンコールなり癒しの波動で嫌がらせしている方が強い.指はここぞというときに振る詰めるためのもの.

威嚇やフレンドガードのような交代するだけで耐久の上がるポケモンは隙が少なくていい.

 

マンタイン

マンタイン:貯水/神秘のしずく/臆病CS

技    :ハイドロポンプ/エアスラッシュ/追い風/ワイドガード

立ち絵が親子愛になっているポケモン

真面目な話トリプルバトルにおいて,範囲攻撃が主体となるパーティが多く範囲攻撃は特殊攻撃が多い(一部例外がある)かつ環境に電気タイプがおそらくサンダーしかおらず弱点を突かれづらいポケモン

実はワイドガードや追い風なんかの小技が使えてエアスラでの対角攻撃もこなせる当たり結構器用なポケモンだった.未来であればサンダーの電気技も耐えたりするらしい.光るものは感じたのでちょくちょく検討に上がるかもしれない.

この子とブルンゲルと貯水になったキリキザンで雨パを詰めていた.

 

ウインディ

ウインディ:威嚇/防塵ゴーグル/慎重HD

技    :フレアドライブ/ほえる/インファイト/しんそく

TLで進化前を定期的に見かけるポケモン

ゴーグル持ちで気持ち的にモロバレルを対策した気分になれる.繰り出し回数重視で耐久降りだがモロバレルを倒せるラインまで攻撃に振っても良かった気もする.吠えるは絡めて対策として気休め程度に入れている.滅びやトリル相手に刺せると気分が良い.

神速については過信してはならない程度の火力で体感はハリテヤマの猫だましくらいにしかならない.

 

雑感

決まれば楽しいけど,相手がメンツを見て立ち回ってくると決める余裕がないし,そもそもガルーラがいるとガルーラのいる試合になってしまうことが多くてギミックで遊ぼうという観点からはあんまりだった.ただし無難に戦える構成であるので何かの対戦会とかで使えればいいかなと思う.

 

 

アニメポケットモンスター金銀編155話メガニウムVSフシギダネ!くさタイプのいじ! 感想記事

あらすじ

ジョウトリーグシロガネ大会の予選リーグの初戦で,みごと対戦相手を打ち破ったサトシ。次なる相手は,ワカバタウンのジュンイチである。ジュンイチは初戦でモエに敗退しているため,もう負けることはできない。一方,サトシはジュンイチに勝てば予選リーグを通過,負ければみな同点で振り出しに戻ってしまう。ジュンイチが水ポケモンマリルリを出し,サトシは電気ポケモンピカチュウで立ち向かう!

 

www.amazon.co.jp

 

感想

サトシのフシギダネは冷静な気質であることは結構有名ですが,マジギレして肉弾戦するなんて珍しい描写があって面白かった。またウツギ博士が新米トレーナーの最初のポケモンを渡していることを明言していたので,世界観の掘り下げがありもしましたね。近年のポケモンリーグはトーナメント方式で描写されますが珍しくリーグ戦であることも昔の作品だなあって感じました。

f:id:Gnct2cM436:20220213212142j:plain

彼が増田さんワカバタウンのジュンイチです。

番外編のライコウ雷の伝説の登場人物です。機会があったらそちらも見たいですね。

 

本題

秋桜さん主催のPWT in ホウエンに参加してきました。

cloyster.blog.jp

何でシロガネリーグの増田さんジュンイチ戦の話の感想を書いたかというと私がジュンイチとしてこの大会に参加してきたからです。

主催の秋桜さん並びに参加者の皆様ありがとうございました。

 

参加パーティ

f:id:Gnct2cM436:20220213212256p:plain

秋桜さんが作成していただいたパーティ画像を使わせていただきます。

この場を用いて感謝申し上げます。

選考理由

・ジュンイチにした理由

最初はモリモトにしようと思っていたのですがふと制作側の別の人はいないのかと探していたら増田さんジュンイチがいたのでこちらにしました。

使用ポケモンについてはアニメのシーンに映った彼の手持ちが6匹しかいないので固定です。

個別解説

メガニウム

f:id:Gnct2cM436:20220213213858p:plain

パーティの守りを任せているポケモン

今考えると明らかにヤドリギの種は光の壁でよかったのだが何を思ったのか採用していない。

実戦では壁を張って対角のアタッカーに回復を行っていた。

パーティの並びでまとな草技に耐性があるのでKP1位のルンパッパに対して戦果を挙げることを期待していた。

 

ジバコイル

f:id:Gnct2cM436:20220213215053p:plain

パーティの特殊アタッカー枠を任されているポケモン

ヌオーを中央に出して放電を連打したり,ニョロトノ交換からの必中雷を連打するポケモン。実戦では水系のポケモンが主力のパーティーが多かったので,このポケモンが暴れ散らかしていた。

ゴルダックの水浸しで強引に弱点を突いていくプランが仕込まれている。

余談だが昨年末の反省会個体を進化させて投入した。

 

マリルリ

f:id:Gnct2cM436:20220213215928p:plain

パーティの物理アタッカーを任せているポケモン

ルンパッパの使用率の高さから最後まで草食にするか悩んだが正解は分からない。

ハチマキじゃれつくを耐えれるラインが良くわからないので,ワンパンできるんだろうって思いながら動かしていた。

マリルリを初めて実戦投入したが,まともな技構成のマリルリの強さに感動してしまった。

これからはワンパンできる相手は日和らずにじゃれついていこうと思う。

 

ゴルダック

f:id:Gnct2cM436:20220213221133p:plain

パーティのMVPかつ攻防の潤滑油のポケモン

最初はニョロトノと合わせてすいすいエースとして運用想定がされていたが,突如ルンパッパが大量に発生することが判明した結果ノーてんきで運用することになったポケモン

アンコールで疑似的にねこだましとして運用し,みずびたしで相手のタイプ一致補正を消しつつこちらの火力を上げるなど,このポケモンの働き具合で戦っていた。

何故かハイドロポンプは味方に打った回数が一番多い。

 

ヌオー

f:id:Gnct2cM436:20220213222000p:plain

パーティ作成時にはこいつどうしよう枠だったポケモン

実戦ではジバコイルとの相性の良さとワンパンされずに後攻からのアンコールと怪電波での置物化を行い戦線の維持を任せていたポケモン

本人には火力が全くないため,一致4倍弱点の地震が味方のジバコイルに耐えられたことがあった。

無理やり相手の攻撃に耐えるため味方からハイドロポンプが撃ち込まれることが何回かあった.

おさきにどうぞはトリパ相手に攻撃を通すために仕込んだがトリパにあたらなかったので出番はなかった。

 

ニョロトノ

f:id:Gnct2cM436:20220213223142p:plain

特段おかしい所は無いニョロトノ

構想段階ではゴルダックをエースにするつもりだったのでより防御的なニョロトノにしようとしていたがゴルダックが何故かサポーター寄りになったので中途半端なこのような技構成になった。

強いて言えば守るは手助けの方が良かったと思う。

実戦では脱出ボタンを持ってニョロトノからゴルダックへ回すことで自分だけ疑似的に天候を使うことができるようになった。

また後発から出ることが多く詰め筋として運用していた。

今回はワンパンされていない。

 

戦績

2勝2敗

勝ち試合はパーティ相性がこちらに分がある水系のパーティだった。

逆に数値の高さが強いドラゴンや苦手なルンパッパが多い試合は負けた。

ルンパッパについてはリセットムーブまで持ち込んだのでくらいつけた方だと思う。

 

余談だが本選後にフリーで本大会のチャンピオンと当たったが何故か勝った。

勝負は時の運ってことなのかもしれない。

 

終わりに

本大会の主催者の秋桜様及び参加者の皆様に謝辞を述べてこの記事の終わりとします。

ありがとうございました。

 

 

 

【反省会】充電池レアコイルにスカーフギフト

f:id:Gnct2cM436:20211231132733p:plain

レアコイル は じゅうでんち で こうげきが あがった!

並び

f:id:Gnct2cM436:20211231134507p:plain

やりたいこと

放電でレアコイルの充電池を発動させて特殊攻撃をあげてあいた持ち物欄に素早さ補強用のこだわりスカーフを渡して,その横でライボルトが殴り続けてダメージを伸ばしたい。

構築の経緯

①新しい構築を作りたいけど...僕は厳選遅い方だから時間的に年末くらいまで掛るな

②年末にちなんだ構築を作ろう...年末といえば年越しそばだなポケモン的にいうとキンセツチャンポン

③キンセツシティっていうとテッセンか(このころは何故かジムリーダー等の手持ちで潜る人が多かった)手持ちは大体キンセツシティ周辺でそろえることができるのか。

④電気技を無効化することが得意なポケモンが多いな,つまり放電で味方巻き込み放題じゃん

メガシンカ枠はライボルトデンリュウかこいつら特性ほぼ一緒じゃないか

ライボルトは静電気/避雷針/マイナス/メガシンカ後威嚇)

デンリュウは静電気/プラス/メガシンカ後型破り)

火力は足らないけど電気タイプでトリックルームが使えるポケモンはいないからライボルトにしよう

ライボルトってメガシンカすると実質的な特殊攻撃の数値が下がるのか...なるべくマイナス状態を維持しながら動きたいな…目立つおとりが居たら放置してくれないかな

⑦味方殴りして能力を上げたポケモンって目立つし狙ってくれるよね...たしか電気技を受けたら特殊攻撃が上がる持ち物あったような…充電池だ!

※充電池は物理攻撃が上がります

⑧充電池を装備して味方殴りを受けるポケモンは何にしよう...避雷針ポケモンは充電池が発動しないしプラスマイナスポケモンに被弾させるのは良くないし...消去法でコイル族か彼らは実質特性がトリプルだと無いしな

⑨コイル族の誰にするか...ジバコイルは火力が高いけど60族って激戦区だし...コイルは火力を下げると囮として見てくれるか怪しいな..消去法でレアコイルにしよう。

⑩特攻が上がったレアコイルに足らないものを補強するには素早さを上げればいいけど,エレキネットを入れる枠は無いし追い風や凍える風は誰も覚えやしない...スカーフを持たせればいいのでは⁈

⑪共生はないから手渡しすることになるけどプラスマイナス所持で道具が弄れる技を習得するのってプラスルマイナンしかいないのか...マイナンのすりかえとプラスルのギフトパスを比較しよう。相手側の視点に立って考えよう,明らかにサポーターのプラスルマイナンが居たらそいつらをわざわざ狙わず放置するだろう。それを踏まえると不安定でも火力があった方がいいに決まってるからプラスルにしよう

⑫3枠決まったから足りない要素を足していこう,猫だましがないから猫だまし要員とフェイント要員にライチュウで繰り出し性能を高めるためにとつげきチョッキにしよう。

ワイドガードイシツブテ族しか習得しないからトリプルだと使えないんだよな...対ニンフィア枠はどうしようか防音で代用しよう...使用経験あるしマルマインで光のねんどを持たせよう。

⑮物理アタッカーが居ない...電気玉ピカチュウボルテッカーで突貫してもらおう,猫だまし枠が2枠になるからパーティーの歪みを少しは改善してくれるだろうな。

個別

ライボルト

f:id:Gnct2cM436:20211231145734p:plain

ライボルト:マイナス/ライボルトナイト/臆病CS

技    :火炎放射/放電/ボルトチェンジ/守る

メガシンカ枠,こいつが居座って殴ってくれないとダメージが足らない。バンドリ相手にせめてもの抵抗で火炎放射を持っている。耐久がペラい。

 

プラスル

f:id:Gnct2cM436:20211231150441p:plain

プラスル:プラス/こだわりスカーフ/臆病CS 

技   :まねっこ/仲間づくり/ギフトパス/放電

マスコット枠,ギミックの一旦と火力役及び妨害要員を兼ねるポケモン。人生の中でプラスルマイナンしか選択肢が無い選択に合うとは思ってもみなかった。

ギミックの前にレアコイルが落ちた場合ただのスカーフアタッカーになる。仲間づくりで特性依存の相手を妨害することができるが,手前の耐久がペラペラ過ぎるせいで特性の火力補助があってもなくても味方全体が致命傷を負ってしまう。

まねっこは技枠の圧縮として入れている。

 

レアコイル

f:id:Gnct2cM436:20211231151040p:plain

レアコイル:アナライズ/⚔充電池⚔/控えめCS

技    :ラスターカノン/放電/10万ボルト/めざパ氷

消去法で選ばれた構築の問題児。採用理由が囮である時点で何かおかしい気がするがメガネスカーフレアコイルは決まれば圧力があると思うので採用した。最大打点は仲間づくりでプラスにしてもらうとより強くなる。

コイル族の特性考察について,頑丈は範囲技や猫だましの飛び交う環境において無力,磁力は環境の鋼タイプがロックできないギルガルド,勝てないヒードランキリキザンクチートである以上無意味。残りのアナライズをしぶしぶ採用した。

考察ガバのせいで某配信で,はてなマークが飛び交ったり狂人扱いになっていたりしたが,僕はまだ真人間でいたいと思います。

 

マルマイン

f:id:Gnct2cM436:20211231153134p:plain

マルマイン:光の粘土/防音/臆病DS

技    :光の壁/イカサマ/ちょうはつ/怪電波

ニンフィアを任せることになったボール。性能自体はこのパーティ以前に何種類か作って組み込んでいたので信頼度はそれなりにある。最速にすることでスカーフドーブルの上からちょうはつを叩き込むことができる。威嚇が多いため特殊アタッカーが多いトリプルにおいて特殊攻撃を半減させるのはやっぱり偉い。

 

ライチュウ

f:id:Gnct2cM436:20211231153659p:plain


ライチュウとつげきチョッキ/避雷針/臆病HS

技    :フェイント/猫だまし/草結び/ボルトチェンジ

猫だまし要員がいなかったため採用された。放電を連打する関係上フェイント要員が欲しかったのでそれにもマッチした。エレキブルでも良いのだがこんなパーティで耐性が一緒なら猫だましが増えた方がいいに決まってるのと素のライボルトより早いのでライチュウになっている。草結びは地面タイプの対策で入れた。無難に戦える。

 

ピカチュウ

f:id:Gnct2cM436:20211231154120p:plain

ピカチュウ:電気玉/避雷針/陽気AS

技    :猫だまし/瓦割/ボルテッカー/守る

ラスト一枠に入って来たピカ様,ボルテッカーで突貫するのが仕事。猫だまし要員としてはボルトチェンジがパーティにそれなりにある関係上繰り出して猫して時間稼ぎみたいな動きをすることがよく有った。

 

 

雑感

反省会扱いの時点で丸わかりだと思うが,勝てない構築だった環境に大勢いるランドロス,バンドリに対してあまりにも無力すぎる。またそもそも道具の効果を間違えている時点でダメ過ぎる。道具の効果に気づいたのは対戦が終わってからだったのがよりダメだった。

説明文は良く読もうということが今回の一番の教訓だ。

 

来年は反省会しないように精進します。

 

 

新生シロナさんと戯れていた仲間たち

初めに

このツイートを見る通り私はシロナさんを倒すために1日かかっています。

なぜそんなに時間が掛ったのかというとあの頃と違って色々な知識を持っている上でレベルが上がり過ぎていたら勝てるのは分かっちゃうからですね。

???「なんというか 大人に なった!」

そのために野生戦とトレーナーの再戦はしない方針でやっていました。

 

 

戦いの仲間たち

f:id:Gnct2cM436:20211127202818p:plain

このパーティで新しくなったシンオウ地方をふらふらしてきました。

寄り道トレーナーは全てぶっ飛ばした結果です。

 

個別紹介(加入が古い順に)

f:id:Gnct2cM436:20211127210731p:plain

ロゼリアNN:イリーシア

技  :ギガドレイン,痺れ粉,毒毒,悩みの種(シロナ戦のみマジカルシャイン

持ち物:お花のお香

特性:毒のとげ

性格 :わんぱく

パーティに加入した理由がコトブキシティの北側のミニスカートが繰り出してくるスボミーを前に目の前が真っ暗になってしまったことでスボミー族に運命を感じたので加入した。

特記するべきはゴヨウ戦直後の素早さ実数値がシロナのミロカロスと同値であることが判明した。そのためにネコブの実を部屋前で食べてインドメタシンを飲んでいた。飲んだ結果ミロカロス+2の数値になった。ステータス上昇と基礎ポイントドリンクの仕様変更に助けられるとは思っていなかった。

マジカルシャインにした理由はミロカロスミラーコートで返り討ちに合わないために低い打点用に入れた。

ギガドレインでシロナのミロカロス乱数2発

とにかくかわいい

f:id:Gnct2cM436:20211127215256p:plain

クロバットNN:センギア

技:吸取る,クロスポイズンエアスラッシュ,黒い眼差し(シロナ戦のみとんぼ返り)

持ち物:どくばり(シロナ戦のみ銀の粉)

特性:精神力

性格:まじめ

加入理由がムクホークは威嚇でテンポが悪いので,それ以外で扱いやすい飛行タイプとして選ばれた。特性が精神力だったのは良かったが野生のムクバードの威嚇で特性が発動してしまい結局テンポが悪かった。

下記の通りガブリアスのドラゴンクロ―を耐えるがこれがリメイク前と同様にドラゴンダイブだったら死んでたと思う。

居なかったらシロナと勝負になってなかったポケモンの1体。

シロナのガブリアスドラゴンクロ―が乱数3発

エアスラッシュがシロナのロズレイド確定2発

とんぼ返りがシロナのミカルゲに確定5発

ガブリアスより遅い

旅で使うとゴルバットの時間は儚い

f:id:Gnct2cM436:20211127230331p:plain

イワークNN:ザイリス

技:あなをほる,いわなだれすてみタックル,鈍い(シロナ戦のみステルスロック

持ち物:がんせきプレート(シロナ戦のみ軟らかい砂)

特性:いしあたま

性格:いじっぱり

クロガネ炭鉱内で1番目にエンカウントしたのが原作当時レアエンカウントのイワークだったので記念に捕獲したところいじっぱりだったため加入した

シロナ戦での先発を任されているポケモンでこの子とクロバットヤミカラスがいなかったら勝負になってなかったくらい重要なポケモン

あなをほるでシロナのミカルゲに乱数4発

シロナのミカルゲの悪の波動及びシャドーボール確定1発

 

AとSがすごくいい優秀な個体だった

f:id:Gnct2cM436:20211127233413p:plain

トリトドンNN:ウモーリ

技:濁流,大地の力,原始の力,自己再生

持ち物:大地のプレート

特性:呼び水

性格:まじめ

序盤からカラナクシが水技を無効にしてくるシンオウ地方の冒険が面白そうだったために加入したポケモン。終始優秀で使いやすかった。

シロナ戦では主にルカリオの討伐を担当した。たまにミロカロスの冷凍ビームで凍っていた。

シロナのルカリオの波動弾が確定2発

ルカリオへの大地の力が確定1発

ガブリアスへの大地が乱数4発

 

純粋な強さはパーティ内で1番

f:id:Gnct2cM436:20211127234512p:plain

ヤミカラスNN:ホネキツツキ

技:おいかぜ,イカサマ,ふいうち,ちょうはつ

持ち物:するどいつめ

特性:きょううん

性格:ゆうかん

トリプルバトルでよく見るシンオウの有名なトレーナーであるゴヨウに有利をとれる悪タイプが欲しかったので,悪タイプで一番最初にでてきたので加入した。

この子もゴヨウ戦直後はシロナのミロカロスと同速だった。ロメのみは既に後述のチャーレムに使っていたため,一つしか持っていおらずこの先のエリアで自生しているのか覚えていなかったためインドメタシンを飲ませることはできなかった。しかし,ミカルゲを倒すことでレベルが上がりミロカロスとの同速勝負を回避することができた。(ロゼリアは経験値取得の関係上ミカルゲではレベルが上がらなかった)

シロナ戦ではミカルゲの討伐という大金星を挙げ,ふいうちでガブリアスへの削り役も行った。

シロナのミカルゲの悪の波動とシャドーボール乱数2発

ミカルゲへのイカサマが急所ダメージで乱数2発

エアカッターの急所率+1効果を知った

f:id:Gnct2cM436:20211128102625p:plain

チャーレムNN:ナーセット

技:けたぐり,みきり,フェイント,サイケ光線(シロナ戦のみドレインパンチ

持ち物:こぶしのプレート

特性:ヨガパワー

性格:ようき

シンオウ地方を代表するポケモンの1体でありトリプルバトルでも見かけ,特性があのデデンネと同じヨガパワーであることから加入が決まった。

けたぐりが後半になればなるほど平均的な威力が上昇していく面白い技だった。

最期はガブリアス相手に地震を耐えてけたぐりで削り切って勝ちを拾ってくれた。

何度か挑戦をしている中でサメ肌でダブルノックアウトになったときに通信対戦との仕様の違いを知ることができた。

ロメの実をつかってからタウリンを飲ませていたせいでヤミカラスはロメの実がつかえなかった。

シロナのガブリアス地震乱数1発

ガブリアスへのけたぐりが乱数2発

なにかと地震と縁のあるポケモンのようだ

シロナ戦について

めちゃくちゃ負けまくった。シロナ戦だけで10時間くらいは費やした。

それまで設定を勝ち抜きルールにしていたのだが9時間ぐらい戦った結果泣く泣く入れ替えルールにしたくらいだ。

入れ替えルールが適応されない初手のミカルゲは3体がかりで倒した。

手順は

1:イワークが穴を掘るで25%を削り反撃で倒される。

2:クロバットがとんぼ返りでオボンの実を踏まないギリギリまで削りヤミカラスに交換しサイコキネシスを無効化する。

3:ヤミカラスが50%の確率でイカサマを急所に当ててミカルゲを倒す。

この後ガブリアスまではそれぞれ有利なポケモンを繰り出して対応する。

ガブリアスについてはヤミカラスの不意打ち,クロバットエアスラッシュなどで削りチャーレムのけたぐりのダブルノックアウトで残数有利をとって勝った。

非常に歯ごたえがあってギリギリの勝負でとても楽しかった。

 

終わりに

シロナ戦は友人と通話しながらやっていたのだが(友人は新作のBFをやっていた),朝方にやっと勝ってエンディングを見ている最中に「何で進化させなかったの?」と聞かれたがそれまで進化の石について忘れていたからである。仮にも進化を研究しているナナカマド博士に図鑑をもらっているトレーナーとしては失格だと思う。

シンオウ地方の冒険の一区切りとしてある有名なポケモントレーナーの言葉を記しておこうと思う。

ポケモンは進化をさせてレベルを上げた方が強い」

新生シロナさんと戯れていた仲間たち

初めに

このツイートを見る通り私はシロナさんを倒すために1日かかっています。

なぜそんなに時間が掛ったのかというとあの頃と違って色々な知識を持っている上でレベルが上がり過ぎていたら勝てるのは分かっちゃうからですね。

???「なんというか 大人に なった!」

そのために野生戦とトレーナーの再戦はしない方針でやっていました。

 

 

戦いの仲間たち

f:id:Gnct2cM436:20211127202818p:plain

このパーティで新しくなったシンオウ地方をふらふらしてきました。

寄り道トレーナーは全てぶっ飛ばした結果です。

 

個別紹介(加入が古い順に)

f:id:Gnct2cM436:20211127210731p:plain

ロゼリアNN:イリーシア

技  :ギガドレイン,痺れ粉,毒毒,悩みの種(シロナ戦のみマジカルシャイン

持ち物:お花のお香

特性:毒のとげ

性格 :わんぱく

パーティに加入した理由がコトブキシティの北側のミニスカートが繰り出してくるスボミーを前に目の前が真っ暗になってしまったことでスボミー族に運命を感じたので加入した。

特記するべきはゴヨウ戦直後の素早さ実数値がシロナのミロカロスと同値であることが判明した。そのためにネコブの実を部屋前で食べてインドメタシンを飲んでいた。飲んだ結果ミロカロス+2の数値になった。ステータス上昇と基礎ポイントドリンクの仕様変更に助けられるとは思っていなかった。

マジカルシャインにした理由はミロカロスミラーコートで返り討ちに合わないために低い打点用に入れた。

ギガドレインでシロナのミロカロス乱数2発

とにかくかわいい

f:id:Gnct2cM436:20211127215256p:plain

クロバットNN:センギア

技:吸取る,クロスポイズンエアスラッシュ,黒い眼差し(シロナ戦のみとんぼ返り)

持ち物:どくばり(シロナ戦のみ銀の粉)

特性:精神力

性格:まじめ

加入理由がムクホークは威嚇でテンポが悪いので,それ以外で扱いやすい飛行タイプとして選ばれた。特性が精神力だったのは良かったが野生のムクバードの威嚇で特性が発動してしまい結局テンポが悪かった。

下記の通りガブリアスのドラゴンクロ―を耐えるがこれがリメイク前と同様にドラゴンダイブだったら死んでたと思う。

居なかったらシロナと勝負になってなかったポケモンの1体。

シロナのガブリアスドラゴンクロ―が乱数3発

エアスラッシュがシロナのロズレイド確定2発

とんぼ返りがシロナのミカルゲに確定5発

ガブリアスより遅い

旅で使うとゴルバットの時間は儚い

f:id:Gnct2cM436:20211127230331p:plain

イワークNN:ザイリス

技:あなをほる,いわなだれすてみタックル,鈍い(シロナ戦のみステルスロック

持ち物:がんせきプレート(シロナ戦のみ軟らかい砂)

特性:いしあたま

性格:いじっぱり

クロガネ炭鉱内で1番目にエンカウントしたのが原作当時レアエンカウントのイワークだったので記念に捕獲したところいじっぱりだったため加入した

シロナ戦での先発を任されているポケモンでこの子とクロバットヤミカラスがいなかったら勝負になってなかったくらい重要なポケモン

あなをほるでシロナのミカルゲに乱数4発

シロナのミカルゲの悪の波動及びシャドーボール確定1発

 

AとSがすごくいい優秀な個体だった

f:id:Gnct2cM436:20211127233413p:plain

トリトドンNN:ウモーリ

技:濁流,大地の力,原始の力,自己再生

持ち物:大地のプレート

特性:呼び水

性格:まじめ

序盤からカラナクシが水技を無効にしてくるシンオウ地方の冒険が面白そうだったために加入したポケモン。終始優秀で使いやすかった。

シロナ戦では主にルカリオの討伐を担当した。たまにミロカロスの冷凍ビームで凍っていた。

シロナのルカリオの波動弾が確定2発

ルカリオへの大地の力が確定1発

ガブリアスへの大地が乱数4発

 

純粋な強さはパーティ内で1番

f:id:Gnct2cM436:20211127234512p:plain

ヤミカラスNN:ホネキツツキ

技:おいかぜ,イカサマ,ふいうち,ちょうはつ

持ち物:するどいつめ

特性:きょううん

性格:ゆうかん

トリプルバトルでよく見るシンオウの有名なトレーナーであるゴヨウに有利をとれる悪タイプが欲しかったので,悪タイプで一番最初にでてきたので加入した。

この子もゴヨウ戦直後はシロナのミロカロスと同速だった。ロメのみは既に後述のチャーレムに使っていたため,一つしか持っていおらずこの先のエリアで自生しているのか覚えていなかったためインドメタシンを飲ませることはできなかった。しかし,ミカルゲを倒すことでレベルが上がりミロカロスとの同速勝負を回避することができた。(ロゼリアは経験値取得の関係上ミカルゲではレベルが上がらなかった)

シロナ戦ではミカルゲの討伐という大金星を挙げ,ふいうちでガブリアスへの削り役も行った。

シロナのミカルゲの悪の波動とシャドーボール乱数2発

ミカルゲへのイカサマが急所ダメージで乱数2発

エアカッターの急所率+1効果を知った

f:id:Gnct2cM436:20211128102625p:plain

チャーレムNN:ナーセット

技:けたぐり,みきり,フェイント,サイケ光線(シロナ戦のみドレインパンチ

持ち物:こぶしのプレート

特性:ヨガパワー

性格:ようき

シンオウ地方を代表するポケモンの1体でありトリプルバトルでも見かけ,特性があのデデンネと同じヨガパワーであることから加入が決まった。

けたぐりが後半になればなるほど平均的な威力が上昇していく面白い技だった。

最期はガブリアス相手に地震を耐えてけたぐりで削り切って勝ちを拾ってくれた。

何度か挑戦をしている中でサメ肌でダブルノックアウトになったときに通信対戦との仕様の違いを知ることができた。

ロメの実をつかってからタウリンを飲ませていたせいでヤミカラスはロメの実がつかえなかった。

シロナのガブリアス地震乱数1発

ガブリアスへのけたぐりが乱数2発

なにかと地震と縁のあるポケモンのようだ

シロナ戦について

めちゃくちゃ負けまくった。シロナ戦だけで10時間くらいは費やした。

それまで設定を勝ち抜きルールにしていたのだが9時間ぐらい戦った結果泣く泣く入れ替えルールにしたくらいだ。

入れ替えルールが適応されない初手のミカルゲは3体がかりで倒した。

手順は

1:イワークが穴を掘るで25%を削り反撃で倒される。

2:クロバットがとんぼ返りでオボンの実を踏まないギリギリまで削りヤミカラスに交換しサイコキネシスを無効化する。

3:ヤミカラスが50%の確率でイカサマを急所に当ててミカルゲを倒す。

この後ガブリアスまではそれぞれ有利なポケモンを繰り出して対応する。

ガブリアスについてはヤミカラスの不意打ち,クロバットエアスラッシュなどで削りチャーレムのけたぐりのダブルノックアウトで残数有利をとって勝った。

非常に歯ごたえがあってギリギリの勝負でとても楽しかった。

 

終わりに

シロナ戦は友人と通話しながらやっていたのだが(友人は新作のBFをやっていた),朝方にやっと勝ってエンディングを見ている最中に「何で進化させなかったの?」と聞かれたがそれまで進化の石について忘れていたからである。仮にも進化を研究しているナナカマド博士に図鑑をもらっているトレーナーとしては失格だと思う。

シンオウ地方の冒険の一区切りとしてある有名なポケモントレーナーの言葉を記しておこうと思う。

ポケモンは進化をさせてレベルを上げた方が強い」